hogawish.com

wish of hogawish
-自称クリエイターがクリエイターに至るまで-

blog 個人事業主関連

個人事業主、始めました。~個人事業の開業届を出してみよう

こんにちは!hogawishです!

今年から、個人事業主となることにしました。

まあ自分の作品の収入はほぼ無いに等しいんですけどね。他のこまごまとした事業の収入でなんとか食いつないでいけそうな感じです。

今、帳簿づけで非常に苦労しているのですが、同じような境遇の方たちの多少の助けになればとおもうので、少しずつ個人事業主の手続きやら帳簿やらの話も書いていこうかなと思ってます

個人事業主とは何か?

読んで字のごとく、『個人』で『事業』をしている人のことですね。

会社から給料をもらっているのでなく、自分で取引をしてお金を稼いでいる人たちのことです。

僕は、webのライター業やら業務委託の家庭教師やらで日銭を稼いでいます。

いつの日か、自分の作品でお金が稼げればいいんですけどね

個人事業主になるには?

『個人』で『事業』をしている人のことなので、なんか適当に事業っぽいことを始めてこれは僕の事業だと騒いどけばいいのですが、ちゃんと手続きをしないと後でお国からお叱りを受けることになります。

自分が個人事業主であるということを国に申告するのは至って簡単で、お住いの地域の管轄の税務署に届け出を出すだけです。

『個人事業開業届』というものです

リンク⇒『[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|申告所得税関係|国税庁

僕も本日提出してきました。

 

実際に提出した書類の控えです。

個人事業開業届の提出方法

  1. 事業を開始してから一か月以内に
  2. 管轄の税務署に

提出します。

僕は、今年頭から事業を開始したので、ギリギリの今日に提出しました。

必要書類

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • マイナンバーの確認できるもの

が必要です。特に、マイナンバーの確認できるものはわすれがちなので注意しましょう

通知カードをなくしてしまった場合、マイナンバー記載の住民票を取る必要があります。

個人事業開業届の書き方

ちょっと拡大してみましょう。

 

  1. まずは欄外の一番上、『開業』に○します
  2. 次に、納税地、住所、事業所の欄を記入します。

    納税地は税を納める場所、住所はすんでいる場所、事務所は自宅とは別に事務所があるなら事務所の住所を記入します。

    なんだかめんどくさく感じますが、自宅で仕事をしている場合、納税地だけ書いてあとはすべて同上で大丈夫です

  3. 『屋号』というのは、会社名みたいなものです。

    必要ない場合つけなくてもいいそうです。僕は『hogawish』を屋号にしました

  4. 氏名、生年月日、マイナンバーを記入します。
  5. 自治体によって違うみたいですが、事業の内容を記入する欄があります。『職業欄』となっていた場合、適当になんかいい感じの職業を書きましょう。
  6. 青色申告の申請も一緒に出す場合、申請年月日を書きます。

青色申告というのは、いわゆる確定申告の種類です。

やることが多くてめんどくさいけど、税金の面で有利何だそうです。

とりあえず申請したもののよくわからないので、調べながらお伝えできればと思います

まとめ

  • 個人事業主は『個人』で『事業』をしている人
  • お国から許可をもらうためには個人事業開業届を出す必要がある
  • 税務署によろしく!
  • 青色申告の方がお得

僕もよくわからないですが、ちょいちょい勉強していこうかと思います。

それではまた!

-blog, 個人事業主関連
-, ,