hogawish.com

wish of hogawish
-自称クリエイターがクリエイターに至るまで-

animation blog CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT アニメーション機能 ライトテーブルって何?

2016/12/03

こんにちは!hogawishです!  

今日も、CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能の紹介をしたいと思います。

今日は『セル固有ライトテーブル』について紹介したいと思います。

ライトテーブルって何?

さて、そもそもライトテーブルって何なのでしょう?

イラストを描くことがある方なら、見たことがあるかもしれません。

これです。

  アニメ制作の現場ではこのように使います。

 

 

  これを、PC上で再現したのがセル固有ライトテーブル機能です。  

 

セル固有ライトテーブル機能の使い方

下準備

さて、では実際にCLIP STUDIO PAINT上で作業してみましょう。

今日は『歩き』の練習をしてみようということで、こんな絵を用意しました。

1

 

拙いのはご了承ください。この左足をついた瞬間の絵をもとに、逆に右足をついた瞬間を描きたいと思います。

原画だとか、動画だとか、中割りだとかはまたせっせと勉強しながら書ければと思いますが、これがいわゆる原画作業です。

レイヤー構成としては、原画、動画とアニメーションフォルダーを二つ用意し、動画が書きやすいように基準になる地面を別レイヤーで用意しています。

2

一番下の『用紙』というのは新規でプロジェクトを作ると自動で追加される白い背景です。

最初に用意した絵は、歩きの動きの1枚目の絵で原画なので原画『1』としています。

今から描きたい、右足をついた瞬間は歩きの動きの7枚目の絵であり、かつ原画なので『原画』フォルダーに『7』というアニメーションセルを用意し、そちらに描いていきましょう。

32

アニメーションフォルダー、アニメーションセルってなんやねんという方は以前の記事⇒『CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能基本操作 タイムラインパネル編』を読んでみてください

インターフェイスの確認

では、実際にライトテーブル機能を使うためにインターフェイスの確認をしましょう。

先ほど作ったアニメーションレイヤー『7』を選択して、『アニメーションセル』パレットを見てください。

5-1

デフォルト設定では、『レイヤー』パレットの上にあるかと思います。

見当たらない方は『ウィンドウ』>『アニメーションセル』の順で表示させることができます。

4-1

 

細かく『アニメーションセル』パレットを確認してみましょう

6-1

 

1,のボタン類については公式マニュアルを参照してください⇒アニメーションセルパレットの機能

2,は今現在編集対象となっているレイヤーを表しています

3,は『セル固有ライトテーブル』パネルです。

4,は『キャンバス共通ライトテーブル』パネル1)『パネル』というのは公式な呼び名ではありません。説明しやすいように便宜的につけていますです。

3,4はなんとなく察しはつくかもしれませんが、そのアニメーションセルのみに適用されるか、全部のアニメーションセルに適用されるか、の違いだけです。

まずは『セル固有ライトテーブル』について説明しましょう

セル固有ライトテーブル

では、セル固有ライトテーブル機能を使ってみましょう。

まずは、『レイヤー』パレットから、先ほど用意した原画『1』をドラッグ&ドロップしましょう

7-1

すると、下のように原画『1』が『セル固有ライトテーブル』に登録されます。

8

 

さて、『セル固有ライトテーブル』に登録すると何ができるのでしょうか?

描画画面を見てみましょう

9

すると、ご覧のように原画1が薄ーく表示されるようになります。

たったこれだけですが、アニメーションを作るうえでは非常に重要な機能になります。

そして、デジタルのいいところとして、不透明度を自由に調整できます。

10-1

そして、描画画面にハンドルみたいなのがついていますよね?

これを利用すると、元の画像に影響することなく『セル固有ライトテーブル』パネルで選択したレイヤーを自由に回転拡大縮小できるものです。

試しに原画『1』を選択してみましょう。

 

10-2

 

これでハンドルを操作すると、元画像に影響なく拡大縮小回転ができます

11 12

この機能は、例えばスライドして移動するとき、首をかしげる動作、遠ざかって歩いていく動作、などに利用できそうですね。

キャンバス共通ライトテーブル

先ほどもちらっと言いましたが、『セル固有ライトテーブル』が上の例では原画『7』上でしかうっすく表示されないのに、『キャンバス共通ライトテーブル』では全レイヤーでうっすく表示されます。

操作は全く同じです

 

さて、今日はこのくらいにしようかと思います。

次回は、実際に歩きのアニメーションを作成してみましょう。

それではまた!

 

hogawish

脚注   [ + ]

1. 『パネル』というのは公式な呼び名ではありません。説明しやすいように便宜的につけています

-animation, blog, CLIP STUDIO PAINT
-, ,