hogawish.com

wish of hogawish
-自称クリエイターがクリエイターに至るまで-

blog music

耳コピできないときの7つの対処法

こんにちは!hogawishです!

最近、あんまりバンドで何か曲をコピーしたりする機会がなくなってしまいましたが、昔は何曲も何曲もコピーしなければならないことがありました。

バンドで何曲もコピーする場合、いちいち楽譜を買うわけにもいかないので、音源を聴いてコピーをする、いわゆる耳コピをするわけですが、あれ結構大変ですよね。

僕もさんざん耳コピしたおかげでそんなに苦労せずにコピーできるようになりましたが、今でもあまり弾かないタイプの曲や、コードが複雑な曲を耳コピしなければならないときはイラッとします。

さんざん聞いても音を探してもわからずにギターをたたき折りたくなるとき、ありますよね?

そんなときの対処法、お教えします!

僕は、バンドではギターを弾くことがほとんどなので、ギタリストの観点からお話ししますが、割と色んな楽器に共通する部分ことも多いと思います。

耳コピできないときの7つの対処法

1、聞々ハヤえもんを使う

聞々ハヤえもんというのは、音程や再生速度を変えることができるフリーの音楽再生ソフトです。

長年愛用させていただいていますが、未だに『聞々』の部分の読み方がわかりません

聞々ハヤえもんのダウンロードはこちら⇒聞々ハヤえもん - 窓の杜ライブラリ

これで、わからない部分を再生速度をゆっくりにして無限ループしましょう。

ベースなんかは、オクターブあげたりすると聞き取りやすくなることもあります。

2、とりあえずルートをとらえる

コード弾きのコピーをする場合、とりあえず死ぬ気でルートを聞き取りましょう。

ルートさえ取ることができれば、あとは一音ずつ重ねていけばおのずと正解のコードが見えてきます。

3、とりあえずメジャーかマイナーかだけとらえる

セブンスなど飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。

テンション?なにそれおいしいの?

4、とりあえずパワーコードでお茶を濁す

メジャーとかマイナーとかhogawishよくわかんない。


ここまでは、何とかルートは取れている場合の対処法ですね。

それすらできない場合、ありますよね?

そんなとき、もはやスタジオで他のメンバーからの冷たい視線を甘んじて受け入れるしかないのでしょうか?

そんなことはありません!まだあきらめるには早すぎます。

5、とりあえずミュートでカチャカチャやっとく

なんか適当にミュートでカチャカチャやっときましょう。コード感はほかの楽器に任せておけばいいのです。

6、とりあえずディレイをギュインギュインさせとく

こんな感じですね。

やるときはディレイの後にリミッターをかませておくことをお勧めします。音がでかくなりすぎてマジやばい思いをするときがあります。

7、とりあえず、ギターを回しておく

ステージ映えするし、いいんじゃないかな?

ギター回しをする際は、ストラップロックを付けることをお勧めします。

あと、革製のストラップでギター回しをすると、摩擦で擦り傷ができるので、長袖のシャツを着るようにしましょう。

以上長々と書きましたが、根本的に耳コピの能力を向上させるには、音楽理論の勉強をするのがいいと思います。

僕自身、そんなに詳しいほうではないですが、コード進行のセオリーを多少なりとも知っていると、耳コピの速度が段違いに上がります。

また、量をこなすことも重要です。最初のころは焦らず、とりあえずスタジオではミュートでカチャカチャしてごまかしながら、少しずつ上達していけばいいんじゃないでしょうか

それではきょうはこの辺で!

hogawish

-blog, music
-, ,