hogawish.com

wish of hogawish
-自称クリエイターがクリエイターに至るまで-

blog music

音楽ストリーミングのデータ通信量について 後編

こんにちは!hogawishです!

前回の記事⇒音楽ストリーミングのデータ通信量について 前編の続きです。

前回は結論として、

1、ストリーミング再生のデータ通信量にはビットレートという値が重要

2、ビットレートの値が大きければ音質が良く、低ければ悪い

3、ニコ動の標準音質のビットレートは128kbpsくらい。このビットレートで5分の曲を聴くと大体4.8Mくらいの通信量がある

ということが分かりました。ビットレートって何?って方は、前の記事を読んでください。

というわけで、大手音楽ストリーミングアプリの大まかな再生ビットレートを調べてみたいと思います

アプリ別再生ビットレート

Apple Music

高音質モード 256kbps

高音質解除時 170kbps前後1)これらの値はApple公式に発表されてるわけではなく、ネット上の有志がデータ通信量から測定した値

LINE MUSIC

高音質 320kbps

中音質 192kbps

低音質 64kbps

AWA

高音質 128kbps

中音質 96kbps 

低音質 64kbps 

Google Play Music

最大320kbps2)Google play musicも高、中、低の三段階で選べるが、どれくらいのビットレート設定なのかは発表されていない

結局スマホで一か月どれくらいの時間聴けるの?

さて、ではビットレートが分かったところでスマホだと一か月どれくらいの時間聴けるのか計算してみましょう。 スマホのデータ通信制限は標準的な7GBだとしましょう

ビットレートが一番低いAWAで計算しましょう。

せっかくなので高音質で聞きたいと思います。ここからデータ量の計算をしていきます。よくわからない人は前回記事を読んでみてください。

AWAでは高音質のビットレートは128kbps、このビットレートで何秒音楽を聴くと7GBに達するのか計算すればよいですね。

まず、前の記事に書きましたが、7GBは7ギガバイト、128kbpsは128キロ ビット パー セカンドだったことに注意してください。

8ビット = 1バイト でしたね。

なので 7GB=56ギガビット=56000000キロビットです。3)ギガをキロに直してます。詳しくは前記事

よって、求める時間をt(秒)とおくと、

128kbps × t(秒) = 56000000キロビット

t=437500(秒)

時間に直すと、およそ121時間ですね。

ビットレートの高いApple Musicなどではさらに時間が短くなるでしょう。

まとめ

上の計算より、毎日4時間程度聞くと、一か月で7GBに達するようです。他の通信の兼ね合いも考えると、結構データ量を圧迫しそうな感じですね。

なかなかデータ量的には重たい音楽ストリーミングサービスですが、それ以上に様々な魅力があるのもまた事実。

音楽ストリーミングサービスにはキャッシュ4)PCやスマホに一時的に保管する仕組みを用いて、同じ曲を聴く場合はオフライン再生にして通信量を抑えたりすることができます。

そういう仕組みをうまく使って、上手に利用していきたいですね。

通信量を抑える方法も気が向いたら記事にしようかと思います。

それではこの辺で!

hogawish

  

脚注   [ + ]

1. これらの値はApple公式に発表されてるわけではなく、ネット上の有志がデータ通信量から測定した値
2. Google play musicも高、中、低の三段階で選べるが、どれくらいのビットレート設定なのかは発表されていない
3. ギガをキロに直してます。詳しくは前記事
4. PCやスマホに一時的に保管する仕組み

-blog, music
-, , ,