hogawish.com

wish of hogawish
-自称クリエイターがクリエイターに至るまで-

game pokemon go

【ポケモンGO】ズバットしか出なくてイラッとしたときの4つの対処法

こんにちは!hogawishです!
みなさんポケモンGOやってますか?
僕もまだ非課金勢なのですが、毎日コツコツ頑張っています。

僕の家の周りは都会とは言い難いのですが、どうやらingress1)ポケモンGOと同じ会社が作ったゲームでポケモンGOのポケストップやらジムやらのシステムのもとになっている。詳しくは『ポケモンGO、ingress』で検索の盛んな地域だったらしく、ポケストップもジムもわんさかあります。勝ち組です。

しかし、そんな勝ち組勢といわれる僕らにも悩みがあります。
町を徘徊していても、同じポケモンにしか出会わないのです。

そう、ズバットです。地域によって差があるらしいですが、僕の町にはやたらとズバットが出ます。

20160730_76 ズバットばかり出るの図
© 2016 Niantic, Inc. © 2016 Pokémon. © 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

別に同じポケモンばかり出ることが問題なのではありません。

ズバットだからこそイラットするのです。

ズバットがイラットする理由

その一、捕まえにくい

ズバットは、ポケモンGOの中でも屈指のモンスターボール泥棒として有名です。
ひらひらと飛び回り、しかもほかのモンスターより遠い位置にいるので、モンスターボールを当てるのが難しいです。

20160730_3336 ズバットは位置が遠い
© 2016 Niantic, Inc. © 2016 Pokémon. © 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ズバット一匹捕まえるのに、モンスターボール10個消費するなんてこともあります。

ポケモンGOではモンスターボールは消費アイテムで、ポケストップでランダムに出てくるものを補充するか、課金して買うかしかありません。
無駄にボールを消費した上に逃げられた日には、スマホを叩き付けてやりたくなりますね!

その二、進化させにくい

ポケモンGOでは、ポケモンを進化させることにより経験値が得られます。
進化させるには、そのポケモンも捕まえた時にもらえるアメが必要で、必要数はポケモンの種類によって変わります。
ポッポやビードルなら12個、コラッタやイーブイなら25個、コイキングなら400個というように。
ポッポやビードルは、捕まえやすく、進化コストも低いため貴重な経験値要員として、トレーナーたちに乱獲されています。

それに対し、ズバットの進化に必要な個数は50個。

20160730_8616 ズバットの進化に必要なアメの数 図の下
© 2016 Niantic, Inc. © 2016 Pokémon. © 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
効率はポッポの4分の1以下です。

ポケモン一覧がズバットに埋め尽くされてるのをみると、全員博士送りの刑2)ポケモンGOではいらないポケモンを博士に送ることにより、博士から進化に必要なアメがもらえるに処してやりたくなりますね!

20160730_6337 ズバットに埋め尽くされるの図
© 2016 Niantic, Inc. © 2016 Pokémon. © 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

さて、しかしイラットしてばかりいるのも精神衛生上よくありません。

そこで、みなさんのイライラをズバッと解消する4つの方法をお教えしましょう。

イラットをズバット解消する4つの方法

その一、一発でズバッと捕まえる

捕まえにくい事に関しては技術を身に着けることにより、だいぶいらだちを減らすことができます。
つまり、一発でズバッと捕まえればよいのです。

僕も、うんざりするほどズバットに出会ったおかげで、ほぼ一発でモンスターボールを当てられるようになりました。
慣れが必要ですが、勢いよくかなり遠くへ飛ばすイメージでど真ん中をスワイプするといい感じに当たります。

こちらのサイトなんかが参考になるかも?⇒【ポケモンGO 攻略】モンスターボールの投げ方【裏技】

僕は使ってませんが、画面端スワイプなんてのもあるみたいですね
【ポケモンGO攻略】モンスターボールの投げ方・テクニック集 [ファミ通App]

その二、ズバッとスルーする

割とモンスターとのエンカウントが期待できる地域であれば、ズバットは相手にしないのも一つの手かもしれません。
もっと効率のいいポッポやキャタピー、ビードルあたりが出そうな場所を狙って徘徊しましょう。

その三、ズバッと割り切る

ポケモンGOではモンスターを一匹捕まえるごとに100の経験値が入ります。
さらに、うんざりするほど出会っていれば、博士送りも含めるとそれなりに進化させられる分のアメも集まるはずです。
これも、レベルを上げるためだと思って割り切りましょう。

その四、ズバッと思いこむ

僕は、昔住んでいたマンションの屋上がコウモリの巣になっていたため、本物のコウモリとよくエンカウントしました。
本物のコウモリは、狂犬病などの菌を保有している可能性があり危険です。
家に帰ってきて電気つけた瞬間にコウモリが飛び回るのとか結構恐怖です。慣れると結構可愛い顔してるんですけどね

そんなコウモリと比べれば、ズバットなんて何の害もない存在です。
本物のコウモリよりははるかにましと思い込みましょう

まとめ

さて、以上ズバットしか出なくてイラッとしたときの4つの対処法をお送りしました。
これからも、みなさんのトレーナーライフをちょっぴり豊かにする記事を書いていければと思います。
また、曲制作もシコシコと頑張っております。よかったら、上の方から再生お願いします!
それではまた。

脚注   [ + ]

1. ポケモンGOと同じ会社が作ったゲームでポケモンGOのポケストップやらジムやらのシステムのもとになっている。詳しくは『ポケモンGO、ingress』で検索
2. ポケモンGOではいらないポケモンを博士に送ることにより、博士から進化に必要なアメがもらえる

-game, pokemon go
-, ,